人妻セクキャバに来るお客さん

私が働いている人妻セクキャバには、幅広い年齢層のお客さんが来ます。年齢層別のお客さんの特徴や、お客さんが「人妻系のセクキャバに何を求めているのか」をまとめてみました。

ガッツポーズする男性のイラスト

20代のお客さん

私よりもかなり年下の、20代のお客さん。20代で人妻セクキャバを訪れるお客さんは珍しく、比率としても低いです。でも、週に何人かは20代のお客さんが来てくれます。20代のお客さんが人妻系の女性に求めるものは、ズバリ包容力。仕事が大変な時期でもあるので、大人の女性に愚痴を吐いたり、甘えたりしたいみたい。あとはちょっと、マザコンな男の子も多い印象です(笑)そういう若いお客さんには、自分から積極的にリードしてあげたり、抱きしめてあげたりすると喜ばれます。

30代~40代のお客さん

30代~40代くらいだと、人妻セクキャバで働く女性と同年代くらいになります。この年齢層のお客さんが人妻系のセクキャバを選ぶ理由の1つに、「ジェネレーションギャップがなくて済む」ということがあります。実際に来たお客さんの話を聞くと、「若い子は可愛いんだけど、話が合わないんだよな~」と言っていました。同じくらいの年齢の女性と接する方が楽で、変に気取らずサービスを堪能できるんだそうです。

50代以上のお客さん

50代以上になると、私より一回り以上離れています。50代や60代くらいのお客さんからすると、30代後半の女性でもかなり若く見えるんだそう。逆に20代だと若すぎて、子どもに手を出しているみたいな気分になるそうです(笑)人妻セクキャバで働く女性くらいの年齢だと丁度よくて、罪悪感もなくイチャイチャできるから、という理由で通ってくれるお客さんは多いです。